避妊のマナーと生理中の酷い腹痛にはピルが効果がある

避妊は必ずしも男性が率先して行うこととは限りませんが妊娠をまだ望んでいないなら性行為の大切なマナーでもあります。仮に避妊を失敗し妊娠したとすると、出産か堕胎か選択することになりますが、堕胎を選択すると身体だけでなく心にも大きな傷を女性は負うことになります。それが原因で不妊になったり精神的に不安定になったりなど、その後の人生に影響を与える可能性もあります。そのため避妊をする、ということはマナー以上に自分を守ることにも繋がるのです。しかし女性から避妊をしてほしい、という言葉を発するのは勇気がいることです。男性も女性の身体を思い、マナーとして避妊してくれればよいのですが、そうもいかない場合はピルを使用することで女性自ら避妊することが出来ます。
しかしピルは避妊だけが目的ではありません。生理に関する諸症状の改善にも役立ちます。例えば生理痛と言えば腹痛が挙げられますが、この腹痛があまりにも酷くて学校や会社を休んだことのある人もいるのではないでしょうか。痛さの感じ方も人それぞれですが、たかが腹痛、と言われると非常に腹が立つこともあります。しかし痛さを感じにくい人や生理が無い男性からすると、その痛みが想像出来ずにこのような酷い言葉になってしまうこともあります。ピルはホルモンバランスを整える働きがあり、子宮内の回復にも役立つことが出来るので、酷い腹痛の様な生理に関する諸症状の改善に役立つと言われています。実際にPMSで苦しむ女性にピルが処方されます。
避妊は男女ともに性行為における大事なマナーの1つですが、仮にそれが出来ない男性が相手ならばピルを使用するのも良い手です。また生理痛が辛い場合にはピルの服用で改善することも自分の為でもあります。