ラテックスの利用や黄体期について知り避妊を行う

女性の体が排卵期やその前後にあたるときに性行為を行えば妊娠しやすくなり、妊娠を避けるためには避妊を行う必要があります。黄体期は排卵が終わり安全日だといえますが、日ごろ生理不順の人や年齢が若い人は落ち着いた周期になっていないため、安全日であっても避妊の対応をしっかりと行うべきです。生理予測サイトなどを利用して黄体期を知ることができますが、体質によって一般的な期間と違うことがあります。

ラテックスなどで作られたコンドームを利用することで避妊を行うことができますが、ラテックスアレルギーの人がいて、使用すると蕁麻疹や喘息発作などを引き起こすことがあります。男性だけでなく女性側も注意が必要で、身体に異変があらわれたら病院で調べてもらいましょう。また、ラテックスアレルギーの人はフルーツが引き金になって急激に症状が出ることがあるため、日ごろから注意が必要です。

コンドームなどと合わせて、女性はピルを服用することでより確実な避妊が行えます。ピルを飲むことで黄体期と同様な内分泌が出るように維持することで排卵が起こらないようにするもので、きちんと用法を守って飲み続けないと効果が得られないので、飲み忘れがないようにしなければなりません。

避妊のためにピルを飲む際には、一度病院に行って健康状態を調べてもらい、服用しても大丈夫か調べてもらうべきです。病気を患っていたり、身体や血液の状態によっては飲むと危険な人もいて、特に血栓ができやすい体質の人はピルを飲むことでよりできやすくなってしまうので避けたほうが良いです。

他にも避妊を行うための方法があって、女性の体に特殊な器具を入れる方法もありますが、子宮内を傷つけてしまうリスクもあるので、医師から十分な説明を聞いてから行うべきです。